IKACOM

会社案内

社 是

継 続

経営方針

  • 1.公明正大な考えをもとにして行動する。
  • 2.地域、社会、経済の発展に貢献し、全社員の幸せを追求する。

社長挨拶

代表取締役社長 長沼 一広 写真 代表取締役社長 長沼 一広 写真

株式会社五十嵐コンピュータープレス
代表取締役社長 長沼 一広

時代のニーズを捉え
お客様と
共に発展、存続していきます

当社は1980年に創業し精密板金一筋に打ち込んで40年、その間、お客様からの様々な要望や時代の波に揉まれながら今に至っております。今では設計から溶接組立、塗装、装置組立まで自社内で対応できる機動力溢れる精密板金の一貫生産ラインを確立いたしました。また蓄積した精密板金のノウハウや一貫生産ラインを活かし自社ブランドであるWi-Fi宅配BOXの製品化に漕ぎつけました。これからも時代のニーズに合った物を創り出していきたいと考えています。当社はお客様と共に発展、存続していく事を目指し社是に「継続」を掲げています。そのために「品質、速さ、コスト」を追求し続けてお客様から満足して頂ける製品作りで地域、社会、経済の発展に貢献できる企業を継続していきたいと願っています。是非、ご一緒にお仕事をさせて頂ける事を楽しみにしています。よろしくお願いします。

株式会社五十嵐コンピュータープレス
代表取締役社長 長沼 一広

会社概要

商  号 株式会社 五十嵐コンピュータープレス
設  立 本社           昭和55年1月
春日工場         平成29年7月
春日導体工場       平成19年3月
称名工場         平成16年4月
春日コーティングセンター 令和元年10月
資 本 金 6,200万円
営業品目 精密板金 プレス金型
所 在 地 本社
〒953-0053 新潟県新潟市西蒲区巻東町 609番地1 [MAP]
TEL 0256-76-2414 FAX 0256-76-2649
春日工場
〒953-0054 新潟県新潟市西蒲区漆山字四十歩割8730番地1 [MAP]
TEL 0256-77-5687
春日導体工場
〒953-0054 新潟県新潟市西蒲区漆山字四十歩割8759番地1 [MAP]
TEL 0256-73-6308
称名工場
〒959-0513 新潟県新潟市西蒲区茨島705番地1 [MAP]
TEL 0256-70-5550
春日コーティングセンター
〒953-0054 新潟県新潟市西蒲区漆山字四十歩割8711番地1 [MAP]
TEL 0256-78-8663
代 表 者 五十嵐 彰(代表取締役会長)
長沼 一広(代表取締役社長)
従業員数 166名
主要取引銀行 北越銀行 巻支店
商工組合中央金庫 新潟支店
第四銀行 巻支店
大光銀行 巻支店
JAバンク新潟県信連 本店
工場床面積 本社 4,670平方メートル
春日工場 1,323.14平方メートル
春日導体工場 1,337.58平方メートル
称名工場 231平方メートル
春日コーティングセンター 1,067.5平方メートル
敷地面積 本社 7,000平方メートル
春日工場 1,995.05平方メートル
春日導体工場 2,748平方メートル
称名工場 300平方メートル
春日コーティングセンター 3,921.71平方メートル

※令和2年1月29日現在

本社へのアクセス

〒953-0053 
新潟県 新潟市西蒲区巻東町 609番地1
北陸自動車道 巻・潟東I.Cより車で2分/上越新幹線 燕三条駅より20分

組織図

組織図はこちら[PDF]をご覧ください。

沿 革

1980年1月 五十嵐 彰が五十嵐コンピュータープレスを設立
精密板金製造を開始
1982年7月 本社工場を新築
1983年10月 工場増築
1983年11月 NCパンチプレス第1号導入
1987年6月 本社金型部門新設
1987年9月 工場、事務所増築
1987年11月 株式会社五十嵐コンピュータープレス法人改組
資本金2,000万円
五十嵐 彰が代表取締役社長に就任
1988年9月 工場増築
1989年10月 工場建設用地5,000平方メートル取得
1990年9月 資本金4,000万円に増資
1991年7月 工場増築
1994年9月 横浜営業所を開設
1998年11月 資本金5,000万円に増資
2000年11月 発送倉庫棟を新築
2000年12月 ホームページ開設
2003年6月 ISO 9001:2000認証を取得
2004年6月 溶接工場新設
2004年9月 資本金6,200万円に増資
2006年2月 本社材料倉庫を新築
2007年3月 春日工場新設
2007年5月 春日工場にアマダ FOL 3015NTを導入
2010年9月 導体製造ラインを構築
2011年7月 ISO 14001:2004認証を取得
2014年2月 春日工場に200tプレスを導入
2014年6月 春日工場にウォータージェット加工機を導入
2016年11月 長沼 一広(専務)が代表取締役社長に就任

品質・環境方針

1.採算意識を高めることで「品質」「速さ」「コスト」で業界ナンバーワンを目指します。
2.「品質」「速さ」「コスト」を追求することで時間短縮、不良撲滅、資源の節約を達成し、環境負荷を低減します。

当社は、ISO 14001:2015、ISO 9001:2015の適用規格に要求項目に適合した環境、品質マネジメントシステムを運用しております。

株式会社五十嵐コンピュータープレス
代表取締役社長 長沼 一広

審査登録証

地域との関わり

事業活動をさせていただいている地域への感謝の気持ちを忘れず、会社のある地域の一員として様々な形で地域に貢献できるよう努めております。

たとえばこんな関わりを

地域の祭りでの協賛
地元の飲食店から昼食弁当購入
地域の雇用創出